HOME › ブログ

ブログ

デイケアとデイサービスの違い

2024年05月25日

当院ではデイケアを行っています。

 

デイケアは主に病院が運営しており、高齢者の機能障害に対してリハビリテーションを行っています。

 

脳卒中後やパーキンソン病、手術後の廃用、全身の痛み、下肢の筋力の低下などがある方が対象で、その回復が目的です。

 

デイサービスは主に介護が中心になります。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック

こくぶ脳外科デイケアセンター

 


何年も続く慢性の頭痛

2024年05月25日

若い時から定期的に続く頭痛は「片頭痛」の可能性があります。

 

一般的に片頭痛は10代から40代の特に女性に多い疾患です。

 

天気が悪くなる前、ストレスから解放されたときに起こりやすく、女性の場合は生理前後によく起こります。

 

市販薬ではなく、片頭痛専用の頭痛薬がありますので、頭痛が続く方は病院受診してみて下さい。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック

こくぶ脳外科デイケアセンター


心臓が原因で脳梗塞

2024年05月11日

心臓が原因となって脳梗塞を起こすことがあります。

 

心房細動という不整脈により、心臓の中に塞栓物質が作られ、それが脳に飛んで血管がつまります。

 

このタイプの脳梗塞は心原性脳梗塞といって、他の脳梗塞より重症となることが多いです。

 

抗凝固剤などにより脳梗塞を予防することが可能です。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック

こくぶ脳外科デイケアセンター


痛み止めの飲みすぎによる頭痛

2024年04月27日

痛み止めを飲みすぎることでさらに頭痛が慢性化します。

 

薬物乱用頭痛薬剤の使用過多による頭痛(MOH)と言われます。

 

片頭痛がベースにあることが多いです。

 

まずは病院で適切な片頭痛の治療をすることで、たくさん痛み止めをのむ習慣を改善する必要があります。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック

こくぶ脳外科デイケアセンター


手のしびれ

2024年04月13日

片方の手にしびれがある場合は、脳、脊髄、末梢神経が原因の可能性があります。

 

脳の場合は脳梗塞、脊髄の場合は椎間板ヘルニアなどがあります。

 

比較的多いのが末梢神経の障害によるものです。

 

手のひらがしびれる場合は、手根管症候群などが疑われます。

 

手のひらの親指側がしびれている場合は特に疑われます。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック

こくぶ脳外科デイケアセンター


急な意識消失

2024年04月06日

一時的に急に意識がなくなって倒れることがあります。

 

原因はさまざまで、脳卒中やてんかんなど脳が原因の場合、不整脈など心臓が原因の場合があります。

 

最も多いのは神経調節性失神で、自律神経の影響で血圧が低下し、脳血流が低下することで意識がなくなります。

 

意識消失がある場合は病院で精査をお勧めします。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック

こくぶ脳外科デイケアセンター


慢性の肩こりについて

2024年03月23日

肩や首がこる原因にはいろいろあります。

 

同じ姿勢を長時間とることによる首肩の血流障害が原因になることが多いと思います。

 

危険なものとして心筋梗塞による関連痛のこともあります。

 

片頭痛もちの人が頭痛間欠期の症状として肩首のこりがおこることがあります。

 

片頭痛を治療することで肩こりが改善する可能性もあります。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック

こくぶ脳外科デイケアセンター

 


片頭痛の原因CGRPについて

2024年03月16日

片頭痛が起こる原因として、CGRPという神経伝達物質の関与が指摘されています。

 

脳の表面にある硬膜という部位に過剰にCGRPが分泌されることにより頭痛が起こります。

 

現在この物質をブロックする注射薬があります。

 

1か月に1回注射をすることで片頭痛の発作を抑制します。

 

予防の内服薬でも効果が得られない場合は注射の適応になります。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック

こくぶ脳外科デイケアセンター


睡眠時無呼吸症候群

2024年03月09日

寝ている間に呼吸が数秒間止まってしまう状態です。

 

いびきをかいていることも多くあります。

 

呼吸が止まっている間に血圧が上昇するため血管が傷み、将来脳梗塞などになるリスクがあります。

 

顎が小さい方、肥満の方になりやすい傾向があります。

 

治療はCPAPという空気を寝ている間に送り込む方法があります。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック

こくぶ脳外科デイケアセンター


高齢者の頭部打撲

2024年02月27日

高齢者が頭部打撲した場合、しばらくしてから「慢性硬膜下血種」を起こすことがありあります。

 

脳と頭蓋骨の間に出血を起こします。

 

頭部打撲してすぐは異常なくてもしばらくしてから発症します。

 

出血が多い場合は手術が必要になる場合もあります。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック

こくぶ脳外科デイケアセンター


このページの先頭へ