HOME › ブログ

ブログ

痛み止めの使い過ぎによる頭痛

2022年01月22日

これは薬剤の使用過多による頭痛(MOH)と言われています。

 

いわゆる「頭痛薬」を飲みすぎることで頭痛が慢性化します。

 

特に1か月の半以上痛み止めを飲んでいる方にみられます。

 

片頭痛など慢性頭痛を持っている人は、いわゆる痛覚に対する過敏がありMOHになりやすいです。

 

痛み止めの飲みすぎで痛みに対する閾値がさがり、痛みを感じやすくなるために起こる現象です。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック


一時的に半身の動きが悪くなる

2022年01月15日

30分から1時間程度手足の動きが悪くなり、また動きだすようなことがあります。

これは「一過性脳虚血発作」の可能性があります。

 

一時的に脳の血管が詰まり症状がみられ、その後再開通することで症状が回復します。

 

しばらくしてから大きな脳梗塞を起こす可能性があります。

 

寒くなると脳梗塞のリスクが上がりますので注意が必要です。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック


片頭痛と低用量ピル

2022年01月08日

月経困難症などの場合に低用量ピルが使用される場合があります。

 

医療用に使われる場合LEP(low dose estrogen progestin)と言われます。

 

ガイドラインではLEP使用時にもともとの片頭痛が悪化する場合があり、新規に片頭痛がでる場合もあります。

 

また前兆のある片頭痛のある方は、脳梗塞のリスクが指摘されており、使用時は注意が必要です。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック


12月29日から1月3日までお休みです。

2021年12月27日

12/28は終日診療を行っております。1月4日からは通常診療になります。

よろしくお願いいたします。


小児の頭痛

2021年12月25日

小児の頭痛で多いのは、大人と同様に片頭痛と緊張型頭痛です。

 

小児の片頭痛も大人と同様に光や音に過敏になる、動くと悪化する、吐き気を伴うなどの症状を認めますが、大人と比べて頭痛の時間が短い前頭部に多いなどの特徴が見られます。

 

慢性に頭痛があり生活に支障がある場合は治療が必要になります。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック


雷鳴頭痛

2021年12月18日

雷鳴頭痛とは、雷が鳴るように突然発症する頭痛です。

 

1分以内にピークに達して5分以上頭痛が持続するのが条件です。

 

このような頭痛は危険な頭痛が多く、くも膜下出血や脳動脈解離などの可能性も疑われます。

 

早めに病院で検査することをお勧めします。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック


高齢者のてんかん発作

2021年12月11日

てんかん発作は高齢になると頻度が増してきます。

 

症状は全身のけいれんというよりも、1分程度反応がなくなります。

 

その間は声をかけても返事がなく、しばらくすると元に戻るといった症状です。

 

アルツハイマー型認知症などの方に起こりやすく、脳にアミロイドがたまってくるためそれが引き金になっている可能性も考えられています。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック


3回目 コロナワクチンの予約について

2021年12月09日

令和4年1月から3回目のコロナワクチンの予約を行います。

 

当院に受診したことがある18歳以上(高校卒業後)の方が対象になります。

 

3回目の問診表が郵送された段階で予約のご連絡を頂ければと思いますのでよろしくお願いいたします。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック


睡眠中に大声を出す

2021年12月04日

レビー小体型認知症の特徴的症状は、睡眠障害、自律神経症状、パーキンソン症状、幻視などです。

 

この病気では早期に睡眠障害がでてくるのが特徴です。

 

睡眠中の大声で寝言を言ったり、手足をばたつかせたりする症状です。

 

レム睡眠期にみられることから「レム睡眠行動障害」と言われます。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック


インフルエンザワクチンのお知らせ

2021年12月03日

インフルエンザワクチンは12月末で終了になります。

予約不要です。



こくぶ脳外科・内科クリニック


このページの先頭へ