HOME › ブログ

ブログ

物忘れ外来

2007年05月10日

メディカルビル2階の西高松脳外科・内科クリニックでは、「物忘れ外来」を行っています。老化に伴って物忘れは認められますが、物忘れが進行して認知症になってしまうこともあります。早めの診断と治療が必要なことがあります。また、脳梗塞や脳腫瘍などの病気で物忘れがみられることもありますので、御心配の方は脳の検査(MRI)を行ってみてください。当院ではMRI装置を装備しておりますので、気軽のご相談ください。また当院では脳のリハビリ(くもん式の学習療法)を行っておりますので、興味のあるかたはご相談ください。

http://www.dr-navi.jp/kagawa/detail.php?cid=1395

大関「栃東」、脳梗塞で現役引退。

2007年05月09日

 大相撲の大関栃東(30)が現役引退することになりました。頭痛を訴えて途中休場し、3度の精密検査の結果、過去に脳梗塞(こうそく)を患っていたことがわかりました。本人のブログによると、自分が引退を決める前に新聞に「引退」と大々的に書かれたようで、本人もびっくりしたようです。
 しかし30歳の若さで脳梗塞になるのは問題です。脳梗塞は、高血圧や糖尿病などがもとで動脈硬化を起こしてなることが多いです。今回の脳梗塞の原因は不明ですが、若い人でも脳梗塞になるということは確かです。頭痛や手足のしびれ、めまいなどがある方はぜひ一度脳の検査(MRI)をしてみましょう。
http://www.dr-navi.jp/kagawa/detail.php?cid=1395

高血圧と「かくれ脳梗塞」

2007年04月22日

 高血圧の薬を10年以上飲んでいる方は脳のMRI検査を行いましょう。症状のでない脳梗塞(かくれ脳梗塞)を起こしている可能性があります。その場合は早めの治療が必要です。血圧を下げることで脳卒中を起こすリスクは42%減と報告されています。

高血圧と脳梗塞の深い関係
多くの日本人は高血圧があり、薬で血圧をコントロールしています。血圧が高いこと自体にあまり症状がないため、気にせず生活をされているかたもおられますが、きちんと薬を飲むことをお勧めします。というのは、高血圧は脳梗塞を起こす最大の因子だからです。
慢性の高血圧があると、血管の壁に24時間持続的に負荷がかかり動脈硬化を進展させていきます。問題なのは、血圧が高くても症状にあまりでないため、知らず知らずの内に動脈硬化が進んでくることです。いったん動脈硬化がすすんでしまうと、これを元に戻すことはできないので、早い内から血圧を下げて動脈硬化を予防することが大事です。ある統計では、血圧が140を超えてくると脳梗塞を起こす率が急に上がってくると報告されています。

物忘れに対する学習療法

2007年04月01日

当院では、物忘れの治療および予防を目的として学習療法を始めました。
認知症の原因はいろいろとありますが、主なものにアルツハイマー病と脳血管性の認知症があります。病院では一般にアリセプトなどの内服の治療だけが行われています。当院では薬による治療に加えて脳のリハビリを目的として公文式の学習療法を行っています。物忘れは年齢とともに徐々に進行していきますが、脳のリハビリをすることによって今以上に進行しないようにすることを目的としています。御関心のある方はクリニックまで御連絡ください。

http://www.dr-navi.jp/kagawa/detail.php?cid=1395

「タウン情報かがわ」さんに記事を掲載して頂きました。

2007年03月22日

タウン情報かがわの4月号に西高松メディカルビル・イーアの記事を掲載して頂きました。http://www.a-kagawa.com/
香川経済レポートに西高松メディカルビル・イーアの記事を掲載して頂きました。
http://www.kk-report.com/

http://www.dr-navi.jp/kagawa/detail.php?cid=1395

世界の認知症患者、2030年には倍増

2007年03月04日

世界保健機関(WHO)によると、認知症の患者さんは2030年には現在の約1.8倍になると予測しています。また日本のような高所得国では、認知症患者さんの割合が平均の約3倍になるそうです。
生活習慣に気をつけることで、かなり認知症が予防できることがわかってきていますので、注意して下さい。

病院の駐車場。

2007年02月27日


メディカルビルの裏側に駐車場(約100台)があります。

無料ですのでクリニック御利用の方はぜひ御利用ください。


脳を若く保つ方法。

2007年02月09日

1. 知的刺激を得ましょう:脳を活発にすると神経細胞の間の新しい繋がりを増やし、新たに神経細胞を作るのを助けます。このために、読む、描く、学ぶ、新しい趣味を持ちましょう。2. 運動をしましょう:運動は思考に関係する脳の部分に血液を送る血管の数を増やし、新しい神経細胞の発達を促します。毎日1-2kmを歩くと認知機能の低下の危険性を13%減らすという研究報告があります。3. 食べ物を良くしましょう:カロリーを減らすと知的低下の危険性を減らすことにつながります。葉酸、ビタミンB6,B12のビタミンB群を摂るようにしよう。これらのビタミンは血液中のホモシスチンを下げるのを助けます。高ホモシスチンは認知症の危険性を高めます。4. 血圧を良くしましょう:中年期の高血圧は認知機能の低下の危険性を高めます。5. コレステロールを良くしましょう:LDL(悪玉コレステロール)が高いと認知症の危険性を高めます。HDL(善玉コレステロール)が低くても同じです。6. タバコをやめましょう:ある研究によると喫煙は認知症の危険性を2倍にします。7. アルコールに依存しない:多量の飲酒は認知症の大きい危険因子のひとつです。もし飲むのなら、1日2杯までにしましょう。8. 頭の怪我に注意:人生の早い時期の中程度から重度の頭部外傷は認知障害の危険性を高めます。9. 社会的つながりを作りましょう:頻繁な社会的な交流は認知症の危険性を42%減らします。

脳ドック受付中。

2007年02月09日

当院では脳ドックの受付をしております。
企業検診などで御利用の方は、当院まで御連絡お願い致します。(087-832-8811)

1、簡易脳ドック(25,000円)
頭部MRI、MRA、血圧、身体測定、神経学的診察。

2、通常脳ドック(50,000円)
頭部MRI、MRA、頚動脈エコー、血液検査、尿検査、心電図、動脈硬化測定、血圧、身体測定、神経学的診察。

頭痛はりっぱな病気です

2007年02月08日

頭痛に関して、「たかが頭痛」と市販のお薬で済まされる方が多いと思います。
頭痛には肩こりなどからくるものから、くも膜下出血など危険な頭痛もあります。くも膜下出血などは命に関わってきますので、注意が必要です。またよくある片頭痛も治療せずに放置しておくと、将来脳梗塞などのリスクが高くなるといわれています。頭痛のあるかたは専門医に一度相談してください。

このページの先頭へ