HOME › ブログ

ブログ

ストレートネックについて

2020年08月01日

頭痛や肩こり症状のある人にレントゲン検査をすると、頸椎の弯曲がなく「ストレートネック」を示していることがあります。

 

20代30代の若い人にみられることが多く、年齢とともに少なくなってきます。

 

長時間の同じ姿勢が影響していると考えられています。

 

頸椎周囲のむくみや循環障害が起こり、自律神経の障害を来し、めまいや頭痛を起こしてしまう可能性もあります。

 

予防として普段から姿勢に注意して、肩甲骨周囲を動かす運動が大切です。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック


このページの先頭へ