HOME › ブログ

ブログ

脳の小血管病は認知機能と相関

2018年12月08日

脳小血管病として、ラクナ梗塞や白質病変、脳微小出血などがあります。

 

頭部MRIにてこれらを確認することができます。

 

高齢者になるとこのような所見が増えてきますが、これらが認知機能と相関があると言われています。

 

脳の血管が障害されると認知機能も落ちてくるようです。

 

そこで血圧や血糖値などの管理が大切です。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック


めまいとふらつきと脳卒中

2018年12月01日

めまいやふらつきはよくある症状です。

 

めまいの原因として脳からのもの、内耳からのものがみられます。

 

めまいの症状の場合は脳卒中である確率は比較的低く、ふらつきの場合は脳卒中である可能性が高いという報告があります。

 

特に高齢者で高血圧や糖尿病をもった「ふらつき」のある人は脳卒中に注意が必要です。

 

こくぶ脳外科・内科クリニック


このページの先頭へ